貯金は山より高く

貯金のためにキャッシュフローを知る

特集記事

キャッシュフローを把握

キャッシュフローを把握
LINEで送る
Pocket

貯金の前にお金の流れを掴もう

貯金の大切さを感じた人は、今から貯金を習慣にしましょう。とはいえいきなり貯金をするよりも、まずはお金の流れを掴んでおくほうがより効果的に貯金ができます。貯金がない人は、逆にいえば貯金ができないお金の流れになっているということです。「なぜ貯金ができていないのか?」という問いを自分に向けてみましょう。そのためにも自分の収入と使い道についてきちんと把握しておくことが大切です。その上で、貯金の目標額とその期限などを決めたほうが達成の確立が上がるでしょう。無理な貯金の計画を立ててまったく達成の見込みがなく、すぐにあきらめてしまうのが一番良くないことです。

まず紙に書き出してみよう

お金の流れを掴むためには頭で考えるのではなく、紙に書き出してみるのが一番です。紙に書いたものを読むと分かりやすい上に客観的に見ることができるからです。メモ用紙でも良いのですが、貯金計画のためのノートを新調すると気分も新たになってよさそうです。
まずは収入について書いていきます。「月平均の収入」や、ボーナスがあれば「ボーナス」を書いていきます。その合計収入が年間の収入となります。次に予定支出を書いていきましょう。支出については、確定申告で使うような「勘定科目」を参考にすると良いですが、自分が使い道を把握しやすいもので結構です。「家賃」「食費」「ローン」「雑費」「交際費」「通信費」「交通費」などになると思います。これらのカテゴリーに、先月までの領収書やレシートなどを参考にして大体の金額を書いておきましょう。幅がある場合は、高めの金額を書いておく方が効果的です。この作業により「年間の収入」と「年間の支出」がおおよそ理解できたはずです。例えば年間の収入が200万円で年間の支出が150万円の場合は、50万円残ります。本来なら放っておいても50万円の貯金ができることが分かるはずです。

使途不明金を探っていこう

本来なら収入と支出の差額分は無理なく貯金できるはずです。しかし現在まで貯金ができていないということは、どこかに「使途不明金」があるはずです。この場合は、一定期間レシートなどを保持して家計簿のようなものを付けてみることから始めましょう。自分が思ってもみなかった支出が他にあるのが分かるはずです。
食費は安いと思っていたけれど、友達とカラオケなどに行った時の飲食代がかなりかかっている、通信費の中にスマホでゲームに課金したお金を入れていなかったなど、結構な金額が浮き彫りになってくるはずです。このような作業をしてみると、収入と支出が実はトントンだったという結果になるかもしれません。貯金のための計画はここから始めましょう。無駄な支出をいかに減らすか、収入を増やすためにどうするかなどを考えて貯金計画を構築しましょう。