貯金は山より高く

貯金できずお金が貯まらない人の特徴を知る

特集記事

お金が貯まらない人の特徴

お金が貯まらない人の特徴
LINEで送る
Pocket

お金を大切だと思っていない人

貯金ができないタイプの代表的なものが「お金を大切にできない人」です。お金は働けば必ず入って来るので、手元にある分はすべて使っていいと思っているような人です。そのため給料日に入ったお金のほとんどを使ってしまうということもあります。「宵越しの銭は持たない」という江戸っ子気質を示す言葉がありますが、同じように将来のためにお金を残しておこうという気持ちがそもそもありません。
このタイプの人は収入が多く独身の人に多いようです。実際に給料日にはたくさんのお金が入ってくるので何とかなってしまうことが多く、貯金について真剣に考えていません。今後も同じように収入を得ることができるかどうか未知数ですし、結婚などをしてお金の使い道が増えた時に困ることになるかもしれません。

「面倒くさい」が口癖の人

いつも「面倒くさい」というのが口癖になっているような人は貯金ができません。貯金をするためには節約をする必要がありますが、節約をするのは意外と面倒くさいからです。スーパーまで買い物に行けば安く買い物ができるにも関わらず、近所のコンビニで買い物をするため割高になってしまい、貯金ができない人がいます。商品の金額を比べるのも面倒なので、割高な商品を選んでしまう人もいます。プライベートでも仕事でも、歩くのが面倒ですぐにタクシーを使う人もなかなか貯金はできません。お金の管理をするのも節約するのもある程度の労力や努力が必要になりますので、面倒くさがりの人は大変かもしれません。
ただ面倒だと良く言う人が、何もせず無気力なまま暮らしているかといえばそうではありません。趣味のゴルフのためには早起きをして出かけるなど、マメな面も持ち合わせています。このタイプの人は貯金が趣味になれば突然やる気を出すかもしれません。

借金に抵抗がない人

何かを購入する時にすぐにキャッシングをしたりローンを組んだりしてしまう人はお金が貯まりません。お金がなくなったら借金をすればいいと思っていると、将来困ったことになるでしょう。まずキャッシングやローンには多額の利息が付きます。同じ商品を買うために普通の人よりも2割3割増しでお金を出しているのと同じことです。利息がたくさん増えてくれば、貯金どころか利息の支払いや借金の返済も難しくなっていくでしょう。このような人は、貯金の必要性よりも借金の怖さについて学ぶことが先かもしれません。結婚も難しく老後の生活も心配ですので、若い段階でこのような傾向が自分にあると感じたら今のうちに考え方を改めるようにしましょう。