貯金は山より高く

試験官のバイトで貯金目標達成!

特集記事

休日に効率よく稼げる「試験官バイト」

休日に効率よく稼げる「試験官バイト」
LINEで送る
Pocket

試験官のバイトで稼ごう

「試験官」のバイトは、仕事内容が楽なわりに日給が良いので人気があります。
それでは試験官バイトの仕事の流れを説明していきましょう。まずは事前に研修などに参加をして仕事内容についての説明を受けることがあります。当日の朝は会場の教室の机を並べるなどの設営の仕事や受験生を席に誘導する仕事などを行います。試験前には答案用紙と試験用紙を教室に運搬し、試験内容や試験実施時間、注意事項を受験生に説明する仕事を行います。試験中は不正がないかどうかチェックし、体調が悪い人を保健室に連れて行く仕事を行います。試験後は答案用紙を回収し、試験監督室への運搬を行います。最後に教室の片づけなどを行ってバイトは終了です。基本的に立っているだけ、座っているだけの時間が長いので体力的にも楽な仕事です。

試験官にふさわしい格好をしよう

男性女性ともにダークスーツ(黒、濃紺、ダークグレーなど)着用で、時計合わせのできる秒針目盛り付きの腕時計が必須です。

ウーマンスタッフからの参照。

このように、スーツは無難でシンプルな黒や暗めの無地の物を選びます。また試験官のバイトは試験時間の開始と終了を告げるために正確な時間を知ることが大切です。そのため一秒単位の時間が見やすいアナログ時計がおすすめです。より時間に正確にこだわるなら自動的に時間を合わせられる「電波時計」がおすすめです。
「靴」にも注意をしましょう。女性の場合は長く立つことが考えられますので、なるべくヒールが低くて太めな物を選択するようにしましょう。また歩いたときに「コツコツ」大きな音が出ると受験生の集中の邪魔になりますので避けましょう。髪型も黒が基本で女性もなるべく暗めの髪色が理想です。長い人は後ろで一本にまとめると良いでしょう。

お金を貯めたいなら稼ぐべし
↑上記で参照した女性向け人材派遣会社ウーマンスタッフのサイトです。

勤務パターンを知ろう

試験によって半日だけのものや丸々1日行うものもあります。

バイトークからの参照。

このように、1日3、4時間の勤務時間もあれば、丸1日ということもあります。予備校の試験の試験官バイトは比較的勤務時間が長く、1日8時間程度の勤務時間のことが多いようです。またほとんどの試験官バイトは1日単位の日払いバイトですが、たまに複数日にまたがる試験官バイトもあります。とはいえ長くても3日程度の短期バイトばかりです。試験官バイトをバイトの中心に据える場合は、常に試験官バイトの募集要項がみつかるように、求人サイトをチェックしたりメールサービスなどを利用すると良いかもしれません。

お金を貯めたいなら稼ぐべし
↑上記で参照したバイトークは求人数も多く、おすすめの求人サイトです。