貯金は山より高く

貯金テクニック!予算管理で目標達成

特集記事

封筒で予算管理

封筒で予算管理
LINEで送る
Pocket

小分けにして封筒に入れよう

お金を貯めるために現金でお金を管理しましょう。その場合、「一か月」を単位にやりくりすることをおすすめします。まず一か月分の生活費を一気に引き出すことから始めます。そしてそこから現金でお金を使っていけば、残りのお金が分かりますので使い過ぎを防ぐことができます。ただし生活費全体をひとまとめにしておくと残りのお金をどこに使っていいかわからず結果お金が足りなくなるということもあります。
そこで予算を決めて、お金を小分けにすることをおすすめします。生活費を細かく分けると「食費」「交通費」「交際費」などに分けることができるでしょう。家賃や光熱費など口座振替の物は最初から引き出しません。そして食費分のお金を「食費」と書いた封筒へ入れ、移動のためのお金を「交通費」と書いた封筒に入れていきます。そして毎朝その封筒の中からその日に必要なお金を出してお財布に入れて置きます。そうすると何にいくらお金を使えるのかが分かりやすくなり、月の終わりまで上手にお金を使えるでしょう。

現金を小分けにする方法

お金を予算別に封筒に入れるという方法を進めていく時に1000円札で揃えるという小技があります。例えばその日にお財布に入れるお金が食費1000円、交通費2000円、交際費4000円だったとします。しかし交際費の封筒に1万円札しか入っていない場合は、「余った分は封筒に戻せばいい」と考えて、1万円札をお財布に入れてしまうことになります。そしていざ友人との飲み会になった時にお酒が入って気が大きくなり、「1万円あるから豪遊しよう」という考えに変わってしまうことがあります。結局大きく散財して計画の大きな見直しが必要になってしまいます。大きなお金をお財布に入れることは、無駄遣いのリスクを増やしてしまうと肝に銘じておきましょう。
その点、1000円札を揃えておけば、必要ないお金をお財布に入れることがなくなりますので無駄遣いのリスクも減ります。ちょっとしたことですが、結果的に大きく無駄遣いを減らすことにつながるかもしれません。

お財布には「予備金」を入れておこう

今まで見てきたように、お財布に必要以上のお金を入れないことが無駄遣いを防ぐための成功のカギです。とはいえ、お財布の中にいつもギリギリのお金しか入っていないのでは困ることもあるでしょう。久しぶりに学生時代の友達と街でばったり出会った時に食事をするお金がないとせっかくの機会を逃してしまいます。
そのような時のために少しだけ「予備金」をお財布に入れておきましょう。しかしこの予備金は生活費からではなく貯金から捻出します。先月に貯金が5000円できたら、ご褒美としてそのお金を予備金として入れておきましょう。すると「もしも楽しそうな出会いがあった時に」対応することができますし、予算を切り崩すわけではないので問題もありません。